普段から掛ける言葉が違いを生む!
『妻から愛される夫』は普段
妻にこんなこと言ってます!

 

 

 

「妻が冷たい。」
「妻から再び愛されたい・・・。」
「結婚前みたいに熱々な二人に戻りたい。」
「もっと結婚生活を円満にしたい・・・。」

 

 

こんな悩みありませんか?

 

 

結婚生活が進む上で、どうも「妻から受ける愛」が少なくなっている。そう感じる人もいますよね。むしろ多いのかもしれません。

 

 

しかし、そんな人の中でも「どうやったらもっと妻から愛されるんだろう。」と試行錯誤するのですが、なかなか上手くいかない。そしてなんとなく諦めてしまっている人が多いように思います。

 

 

でもそんな簡単に諦めてもいいですか?

 

 

実は妻から再び愛される方法は簡単。その方法の1つとして、いつも普段から「妻から愛されるセリフ」を使うのです。

 

 

ここでは「結婚したけど今でも夫大好き♡」な女性たちから、普段夫からどんな言葉を投げかけてもらってるのかを聞き出し集めています。

 

 

ですので、この記事は「再び妻から愛されたい!」と心から願う人に使って欲しいセリフ集となっています。なので何度も見返していつでも妻のご機嫌を取れるようにしてください。

 

 

1. 妻から愛される夫が使うセリフ集

『妻から愛される夫』が使うセリフは決して1つや2つではありません。たくさんあるのです。ここでは5つのシチュエーション「出勤前」・「帰宅後」・「休日編」・「セックス編」・「その他」に分けて紹介していきます。

 

 

どれも基本的ですぐに使えるセリフばかりです。なのでしっかりと覚えて使ってみてください。

 

 

①出勤前


 

『おはよう♡』

Aさん
夫はいつも「おはよう♡今日も綺麗だね」と言ってくれます。

 

ほんとに当たり前のセリフで、これを載せるのかも迷いました。しかし、意外にもこれすら言えていない男性もいるのです。ただ「おはよう」と笑顔で言うだけでも、妻の気持ちは大きく変わります。朝から1日を気持ちよく迎えられるのです。

 

 

また、上級者はここでもただ「おはよう」と言うのではなく「おはよう♡今日も綺麗だね」なんて言うのだとか。結婚生活が長くなるほど、こういったことは言い難くなりますが、たまには言ってあげることも大切です。

 

 

『昨日しっかり寝れた?』

Bさん
前日の夜、体調の悪い時は決まって私の体調を気にしてくれます。こんな普段からの心遣いが嬉しいです♡

 

前日に妻の体調が悪い、もしくは寝付けなかったとわかっている時は、朝起きたらしっかりとこのセリフを使いましょう。

 

 

これだけでも妻は「私のこと心配してるんだ」と感じて喜んでくれます。

 

 

ほんとに体調が悪い時は「今日は無理しないでね」や「どうしてもしんどかったらちゃんと寝ててね」なんてフォローを付け加えることも。そう言う場合はしっかりといたわってあげましょう。

 

 

『今日遅くなる。ごめんね』

Dさん
飲み会がある時はいつもなぜか謝ってくれます。たぶん「迷惑かける」と思ってだと思うのですが、そんな気遣いが嬉しいです。

 

飲む会などで帰ってくるのが遅くなる、なんてことよくありますよね。こんな時は朝にはきちんと報告。そして謝罪の言葉があるといいんだとか。

 

 

ただ「飲みいってくるから遅くなる。」よりも「飲みにいって遅くなる。ごめんね」と「ごめんね」を入れた方が、妻はより「遅くなること」への気遣いが感じられるそうです。

 

 

『いつもお弁当ありがとう』

Cさん
毎日言われるのは嫌ですが、たまには言って欲しいです。

 

いつものことなので、これも普段忘れがちな人は多いのではないでしょうか?

 

 

いつもあなたのために頑張っているのだから、妻も労いの言葉が欲しいのです。これは毎日言うよりかはたまにしっかりと言ってあげるのが効果的。真剣に気持ちを込めて言うと妻も喜んでくれます。

 

 

 

②帰宅後


 

『ただいま!早く会いたかった♡』

Bさん
帰ってきて「早く会いたかったよ♡」って急に言われた時、久しぶりにキュンとしました。もしかしたら他の男性も使ってみるといいかも。

 

帰宅時は妻に何か声をかけるチャンス。ここではこんなセリフを言ってみるのはどうでしょうか?ただ「いやいや、こんなの新婚でもない限り言えないよ」と思う方もいるかもしれませんね。

 

 

でも妻もたまにはこんなこと言われたいのです。これも毎日言うよりかはたまに言うのがいいかも。また普段は「ただいま」って言うのはもちろん、「今日噛み切った?」や「メイク変えた?」など、妻の変化にしっかりと気づき声をかけてあげるのも大事です。

 

 

『このご飯ほんとに美味しい』

Aさん
たまに旦那は「これどうやって作ったの?」って聞いてきます。ただ食べるんじゃなくて私の料理に関心を持ってくれてるのが嬉しいです。

 

妻が作ってくれた料理をただ単に食べていませんか?

 

 

妻から愛される旦那は、妻の料理にもいつも興味津々。「この味付けいいね」や「これどうやって作ったの?」、「これほんとに美味しい」としっかり声に出して言います。これだと作った妻も「作った甲斐があった」と素直に喜べるのです。

 

 

妻に直接言うのが苦手という人はボヤいてみるのもあり。「これほんとうまいわー」や「この味付抜群すぎる!」なんて、さも独り言のように言ってみると妻も喜びます。

 

 

『疲れてるでしょ?休んどきなよ』

Cさん
仕事で疲れてるのに、わたしのことを最優先に考えている旦那にはいつもキュンキュンしてます。

 

いくら自分が疲れていても、常に妻をいたわってあげる気持ちを持つことが大事。大変ですが、妻にいつも愛される夫はこれくらいやっているのです。

 

 

もちろん何も言わずに家事を手伝ってあげるとより素敵。また、仮に「大丈夫だよ」って言われてもこの一声を常に掛けられるかどうかで妻から受けられる愛情度合いも変わってきます。

 

 

『お疲れ様。今日はどうだった?』

Bさん
夫はわたしの最高の話し相手。夫がいない人生なんて考えられません。

 

一日の終わりは妻へしっかりと労いの言葉をかけてあげましょう。その後は妻とどんな一日だったかをシェア。

 

 

女性は話すのが大好き。だからあなたが最高の話し相手となってあげるのが大事です。しっかりと不満や嬉しかった事を聞いて、妻の癒しの時間を作ってあげましょう。

 

 

 

③休日編


 

『子供見とくからのんびりしてきたら?』

Cさん
「子供のこともわたしの事もしっかり考えてくれてるな。」っていつも感じます。こんな夫を持ったわたしは本当に幸せ者です。

 

リアルに助かるのがこの言葉。いつも子供の世話してるから、たまには解放されて自分のこともしたいのです。今の時代イクメンなんて当たり前。反対に子供の世話をいつも任せてたら、妻から愛想を簡単につかされます。

 

 

本当に疲れている時以外は、週末のどちらかにこんな感じで声をかけてあげるのが理想です。

 

 

『何か食べたいものある?』

Aさん
たまに旦那がわたしの食べたいものを作ってくれて幸せです。でもだんだんレベルが上がってきてわたしより料理上手くなってきてる気が・・・。

 

普段からご飯を作ってもらってるのだから、たまには妻に手料理を振舞ってあげましょう。そんな時に妻の食べたいものを聞いてあげると喜ばれます。

 

 

これだけでも嬉しいのですが、料理が美味しいともっと喜ばれます。しかし、あんまり上手すぎると妻に嫉妬されるので注意が必要です。

 

 

『これは俺の仕事だから』

Dさん
ある日お風呂掃除をやってくれていた旦那。「疲れてるでしょ?わたしやるよ?」って言ったら、「これ俺の仕事だから!のんびりしとけよ。」って。その男らしさにまた惚れ直しました♡

 

家事に育児と、全部任せていると妻も不満に思います。だからできる限りはあなたも手伝うようにしましょう。平日の仕事終わりだと大変なので休日にするのがいいですよね。

 

 

お風呂掃除や庭掃除など、少し労力のかかるところを重点的にやってあげると妻も大喜びです。

 

 

 

④セックス編


 

『好きだよ』or『愛してるよ』

Bさん
夫は毎回じゃないですが、定期的に言ってくれます。やっぱり愛を感じます。

 

自分よがりのセックスはいくら親しい中でもダメ。結婚してマンネリ化してても、たまには言葉でしっかりと愛情表現をしましょう。セックスの時にこれらの言葉を言うと女性はとても愛を感じるのです。

 

 

いつまでも妻に愛されたいのなら、やっぱりあなたは妻を愛さないとダメだし、それをわかってもらう為に言葉にしないといけません。セックス中ならまだ言えるはず。恥ずかしくてもしっかりと言うようにしましょう。

 

 

『あー幸せ♡』

Cさん
以前心から言ってくれてる夫を見て、とても幸せを感じました♡

 

改めてこれを言われると女性も嬉しいもの。「セックスが気持ちよかった」や「わたしとできて幸せなんだ」など、これ一言でいろんな意味を女性は考えます。

 

 

やはり何も言わないセックスよりも、素直に感情を出すセックスの方が女性も喜びますし、そちらの方が愛も深まるのです。

 

 

『やっぱ可愛いな〇〇』

Aさん
結婚してもこうやって言ってくれる旦那が大好き。言われるとやっぱり嬉しいし興奮します。

 

女性の容姿を常に褒めることは大事。それはどんな時もですし、もちろんセックス中もです。ふたりで抱き合ってる時にそっと囁いてあげましょう。

 

 

マンネリ化して、普段こんなこと言わない人はとてもいいづらいかもしれませんが、たまに言ってあげることで妻もドキッとしますし、燃え上がります。

 

 

 

※妻とのセックスではもう勃たない、もしくは妻を満足させられないという人。もしかすると「男の活力」が不足しているのかもしれません。そういう人は「精力サプリ」で取り戻すのも1つの手です。↓の記事では『最新版オススメ精力サプリ』をまとめていますので是非チェックしてみてください。

 

 

 

 

⑤その他


 

『すごい!』

Cさん
旦那はわたしの料理や、趣味の手芸をいっぱい褒めてくれます。

 

妻だって褒められたいし、得意なことに対して注目されたい。だけど結婚すると家庭の時間が増えるので、披露する場所も少なくなりますよね。

 

 

だったら一番近くにいるあなたがしっかりと褒めてあげましょう。そうすれば妻も喜びますし、彼女の人生も充実。得意なことをどんどん伸ばしたくなります。

 

 

『いつもありがとう』

Dさん
たまにだからか、言われたら本当に嬉しいし「夫のためにもっと頑張ろ!」って思えます。

 

日頃からの感謝の思いをたまには口にしましょう。言うときは真剣に心を込めてです。これを言われたら妻もジーンときますし、愛も深まります。

 

 

また「〇〇がいるからいつも頑張れる」なんて言うのも合わせて言ってあげるとなお良いでしょう。妻もより一層あなたを愛してくれるし、家事や育児を頑張ってくれます。

 

 

『〇〇と結婚できて幸せ』

Bさん
言われた時は本当に嬉しかったし、これからも夫を支えていこうと思えました。

 

妻に愛されたいと思う人は、妻を愛している証拠。結婚して長くてもそう思えるなら人生本当に幸せではないでしょうか?そんなあなただったら心から「結婚できて幸せ」と妻に言うことができるかと思います。

 

 

だからきちんと心を込めて言う。「こういう人生を望んでいた」、「結婚する前より何倍も幸せ」と。妻もきっと感動してくれるでしょう。

 

 

『やっぱり〇〇って可愛い or 綺麗だな』

Dさん
この歳になっても女性扱いしてくれる夫は本当に素敵。いつまでも綺麗でいられるよう頑張ろうって気になります。

 

やっぱり女性はいつまでも女性としての扱いを受けたいもの。お姫様だと思っていつも褒めてあげましょう。

 

 

容姿を褒められるのはいくつになっても嬉しいものです。そうするとお肌に洋服と気を使うようになり、ますます綺麗になることも。

 

 

しかし褒めるだけではなく、あなたもずっと若くて素敵でいられるように身だしなみには気をつけなければいけません。

 

 

『俺より先に死ぬな。死ぬまで一緒に居たいから』

Bさん
すごい男らしい言葉で思わず夫に惚れ直しました。

 

普段からこんなことは言えないですが、たまに言ってあげると妻もキュンとくるようなセリフです。記念日や何か節目の時に言ってあげると妻も喜びます。

 

 

『来世でも〇〇と出会いたい』

Aさん
すごく愛を感じます。「わたしも♡」って言ったら旦那も幸せそうでした。

 

かなりロマンチックなセリフ。新婚でまだアツアツな状態なら言えそうですが、5年10年と経った夫婦なら少なくなるかもしれません。しかし、何年も結婚生活を送り、こんなことを言いたいと思える旦那はきっと幸せ者。言われた妻もさぞ嬉しいと思います。

 

 

しかし、妻が全然そんなこと思っていなければ「知らん」と簡単にあしらわれてしまうので注意しましょう。

 

 

 

2. 愛される夫は妻を『ママ』扱いしない

女性はいつまでたっても『お姫様』でいたい。

 

 

女性はどんなに年をとっても女性として見られたい、お姫様として扱われたいものです。あなたは妻をお姫様として見ることはできてますか?「ママ」として見たりしていませんか?

 

 

その意識だけでも大きく違うんです。

 

 

きっと結婚前のあなたは違ったはず。だからもう一度過去の二人を見返して見てるのです。アツアツだった二人の時間、あなたはどんな言葉を妻に投げかけていましたか?

 

 

あの二人がトキメいていた時間を思い返して見ましょう。

 

 

ちなみに、今回「妻から愛される夫が使うセリフ」を集めていてわかったことがあります。それはセリフの中に妻が喜ぶポイントが3つあること。

 

 

妻が喜ぶポイント
ねぎらいの言葉
容姿を褒める
話を聞いてあげる

 

 

それがこの3つ。

 

 

やはり普段からやっている家事や育児でも「頑張ってたね、お疲れ様」とねぎらってもらいたいのが妻の本音。どんなに忙しくても絶対に感謝の言葉をかけましょう。あなたと同様、妻も大変なのです。

 

 

また容姿を褒めてあげることも大切。そもそも外見で結婚を決めた男性も多いはず。そしてそんな人に限って結婚した途端容姿を褒めることを忘れるのです。

 

 

だから「結婚前はあんなに褒めてくれたのに・・・。」と不満を持つ妻も多い。

 

 

妻には定期的に「綺麗だね。今日も素敵だよ。」なんて褒めてみたり、「その服ほんとよく似合うね」なんて積極的に容姿を気にしてあげましょう。

 

 

そして最後に妻の話を聞いてあげる。妻からもっと愛してもらいたいのなら、あなたはどんな時でも妻の話を聞いてあげなければいけません。女性は話すことが大好き。そして話す相手をいつも探しています。

 

 

あなたがいつも最高の話し相手だったら妻はとても癒されます。でも会話をするときはいつも聞くことに集中してくださいね。女の人はただ話すのが好きで、男性から結論を言われたり、否定されるのが大嫌い。ちょっとくらい話が間違っていたとしても、妻に賛成してあげてください。

 

 

いつも妻の最高の味方でいてあげるのです。そうすると妻は普段から癒されますし、あなたを愛することをやめられなくなるでしょう。

 

 

 

3. 妻から愛される夫が使うセリフ集まとめ

セリフはたまにいうのではなく

積極的に使って習慣化しよう。

 

 

この記事を最後までご覧いただきありがとうございます。いかがでしたか?これで「妻から愛される夫」が普段どんなことを言ってるのかがわかったと思います。

 

 

「こんなのがいいんだ?じゃあ使ってみよう」と思っていただけたらとても嬉しく思います。

 

 

できれば「一回使って終わり」ではなく、何度も見直して定期的に使って見てください。するとどんどん覚えてくるし、そうなれば日常的に妻が喜んでくれるような言葉を発することができるようになります。

 

 

「いつまでもお姫様扱いをしてあげる」
「いつも感謝を忘れない」
「妻の話をいつも聞いてあげる」
       ↓
「セリフは何度も見て覚える」
       ↓
「習慣的に使うようにする」
       ↓
「すると無意識に愛され夫に変身できる」

 

 

こんな感じが理想です。

 

 

ただし、言葉だけでは完璧ではありません。あなた自身の見た目を整えたりだとか、しっかりと仕事して給料を稼いでくるのも必要です。なのでそちらも頑張りましょう。

 

 

もしかしたら「妻のご機嫌をとるなんてイヤ」という男性もいるかもしれません。しかし、これだけは言えます。「妻から愛されると結婚生活も充実する」と。

 

 

そもそも一人の女性からずっと愛してもらうのはとても大変。絶え間ない努力と忍耐がつきものです。そして時にはご機嫌をとることも必要になってきます。しかし、妻が喜ぶようなセリフ、「妻から愛される夫が使うセリフ」を知っているとそれが少し簡単になるのです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事