DSC_0884

 

シボヘールは安全なのか!?

1ヵ月シボヘールを自分の体で試してみた!

 

 

機能性表示食品シボヘール、「お腹周りの脂肪を落とす!」「内臓脂肪、皮下脂肪にも効果あり!」なんて情報を目にしますが、本当にシボヘールで夢のような体重減少を実感できるのでしょうか?

 

 

私も多くのサイトを見てきましたが、正直どこも胡散臭い・・・。「機能性表示食品だから大丈夫。」「天然由来成分だから大丈夫!」くらいしか書いていませんでした。

 

 

口コミも、どこの誰の情報かもわからないものが多かったので、私の中のシボヘールに対する不安は全く解消されません。でも、凄くシボヘールに興味があるので、実際に飲んじゃいました。

 

 

この記事は、シボヘールに対してなんらかの不安がある方はぜひ見てください。またシボヘール購入を検討している方も参考になる内容にしています。ネットの情報通りのサプリメントなら夢のようなサプリメントのシボヘール。本当なら誰でも使いたいですからねww

 

 

シボヘールの副作用・危険性は?

国が認めた「機能性表示食品」とは?

 

1ヵ月シボヘールを飲んでみましたが、副作用、危険性は全く感じませんでした。家族にも飲んでもらいましたが、家族も体調不良なく普段通りの生活をしていました。

 

 

そもそも、シボヘールは「機能性表示食品」です。シボヘールのパッケージには「機能性表示食品」の文字と、消費者庁届出番号「B56」が記載されていますが、これはどんな食品かご存知でしょうか?

 

 

機能性表示食品とは、国が定める「健康機能食品制度」によって選ばれた健康食品の一分類。安全性や健康作用について、臨床試験や研究結果など科学的根拠を消費者庁に提出し、特定保健用食品(トクホ)に準じるものとして、いわば国のお墨付きをもらった食品なのです。

 

 

簡単にまとめると、一般的な健康食品と違い、1日当たりの摂取目安量、機能性成分の含有量、摂取する上での注意点などがしっかり明示されていること、「お腹の調子を整えます。」「脂肪の吸収を抑えます。」などの特定の保健目的に対して効果を期待できるというものが機能性表示食品なんです。

 

 

シボヘールの安全性については、「国が認めている」と言っても問題ありませんね。また製造元も問題がないか確認しましょう。

 

 

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら

 

シボヘールの製造元は安全か?

 

シボヘールを作っている会社は、ハーブ健康本舗という1998年創業の健康食品メーカーです。「本物志向の商品をお届けします。」なんて作っているサプリメントに自信があるんでしょうね。見てわかるように、メーカー直営サイトなので、オリジナル商品・高品質・低価格の品揃えです。

 

 

 

 

また、安心できる情報を公式通販サイトでも見ることが可能です。スッキリライフ通販では、製造工場の様子をウェブで見ることができたり、製造メーカーならではの一面も見られます。これは購入する側としてはありがたい内容です。自分が口にするものなので、「どんな人間が作っているのか」「どんな工場、工程で作られているのか」は知っておきたですからね。

 

 

あと、スッキリライフ通販では迷惑な訪問・電話セールスなどは一切してきません。私が成分などで電話したときも丁寧で簡潔に回答だけしてくれました。それ以降も電話連絡がきたり、、自宅に訪問してきたりということはありませんので、ご安心ください。

 

 

ハーブ健康本舗の「シボヘール」>>詳しくはこちら

 

シボヘールの成分は安全か?

 

どんなサプリメントでも、気になるのは疲れている成分に危険なものがないか知りたいですよね。そこで、シボヘールの代表的な成分をまとめてみました。

 

 

【葛の花】

シボヘールの主成分は「葛の花」。葛の花といえば「秋の七草」としても有名な植物で、日本でも昔から漢方の一つとして使用されている有名な植物ですよね。葛の根を乾燥させると発汗、解熱、鎮痙作用があると言われており、今でもよく利用されています。

 

 

「葛根湯」と言えば多くの方がわかるのではないでしょうか?そうなんです。葛の花は風邪薬として有名な葛根湯の元になっている植物!「葛根湯」を飲むと身体がぽかぽかしてきて、汗が身体から出てきます。そのため、風邪の時には汗をだして早く治すために飲むことが多いのです。

 

 

今度はそれをダイエットで痩せるために使うおうというのが、このシボヘールというわけ。発汗作用で汗を大量にかくことによって、お腹の贅肉を落とすことができるとイメージを持つとわかりやすいでしょうね。

 

 

「秋の七草」として数えられる植物ですから、カラダに害があるというのは考えにくい、というより、害はありません。

 

 

ちなみにもっと「葛の花」(正確には、葛の花由来イソフラボン)のいいところを挙げると、『①脂肪を溜め込まない。』『②脂肪を分解し、燃焼を促進させる。』という点です。

 

 

ヒトのカラダが脂肪を蓄積してしまうのは、余ったエネルギーを体内の肝臓に脂肪として蓄えることで、今後生命がピンチになったときにその脂肪を使えるようにするため。ある意味、非常事態に備えて太ってしまうのは、ヒトの正常な機能です。

 

 

シボヘールに含まれている葛の花由来イソフラボンは、この脂肪の蓄積する機能を抑える働きに期待できます。つまり、飲み続けることで太りにくいカラダになるわけです。

 

 

また、体内で脂肪となったものを燃焼するためには、一度脂肪を脂肪酸に分解しなければ燃焼することはできません。シボヘールに含まれている葛の花由来イソフラボンは脂肪を脂肪酸に分解する手助けをします。その結果脂肪が燃焼しやすくなり、体内の脂肪を燃焼することができるというわけです。

 

 

さらに、体脂肪を燃焼する際に重要になってくるのが褐色脂肪細胞という細胞。私たちが普段体脂肪を燃焼する時はこの褐色脂肪細胞によって燃焼されています。葛の花由来イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きを助けてくれ、より脂肪酸を燃焼してくれるのです。難しく書きましたが、簡単に言うと「脂肪を燃焼させる手伝いをします。」ということ。

 

 

主成分である「葛の花」は危険性がないことがわかりました。では、他の成分はどうでしょうか?

 

 

【還元パラチノース】

還元パラチノースは砂糖の代わりに用いられる甘味料で、砂糖に比べカロリーが半分ということが特徴です。体内に吸収されるスピードがゆっくりしているために、急激な血糖値の上昇を防いでくれます。

 

 

【セルロース】

セルロースは聞いたことある人が多いと思いますが、食物繊維の一種で、炭水化物の一種です。サプリメントの形を整えるために使用されているので、ほとんど入っていない上に、身体にはまったく害のない成分。

 

 

【ショ糖脂肪酸エステル】

ショ糖脂肪酸エステルは、乳化剤として含まれている成分で、本来なら混ざらないものや混ざりにくいものを混ぜるために使用されています。体内に入ったあとは、脂肪酸と果糖・ブドウ糖に分解されて代謝されるので、特に問題はない成分です。

 

 

【二酸化ケイ素】

二酸化ケイ素は、錠剤を飲みやすくしたり、割れ防止・有効成分を保護するためのコーティング剤として使用されます。体内に入っても消化されることがなくそのまま体外に排出される成分です。

 

 

ここまでシボヘールの成分を見ていただいたように、どれも危険性のある成分ではありません。逆に、どれもがダイエットに関係してくれている成分ですよね。

 

 

 

結局、シボヘールの副作用って?

 

ここまで見て頂くと、なぜ、多くのサイトで「シボヘール 副作用」と記事が書かれているのでしょうか?ハッキリ言って、サプリメントを薬と誤解している人が多いのが原因です。

 

 

そもそも副作用というのは、特定の病気治療や症状改善のため、化学的に合成された医薬品で起こるもので、普通の健康状態の人が用量を守って飲んでいるかぎり、天然の食品由来のシボヘールを飲んでも副作用の心配はありません。万一摂りすぎても、余分なものとして体外に排出されてしまいますので安心です。

 

 

ただし体調によっては飲むのを一時中止した方が良いこともあります。毎日のご飯だって、胃腸が弱っている時にはお粥にして食べたりしますが、サプリメントも同じこと。体調をくずしている時には、適量でも身体に負担をかけることがあるので注意が必要ですからね。

 

 

安心安全なシボヘールを使って、痩せよう!

 

1ヵ月試してみた結果、1ヵ月で1キロ減少に成功した私。実際に副作用などがないのか怖かったですが、飲んでみると全く問題ないサプリメントでした。

 

 

シボヘールは機能性表示食品という、国家にその安全性と効果を認められた商品。体重が激減するような危ない商品ではありませんが、継続することで必ず体重や体脂肪は減っていくサプリメントです。安全かつ健康に痩せたい人は、是非ともシボヘールを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

著者:ひろし



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事