30代男性は、もう太らない!

コレを知ればどんなに年齢を重ねても安心!

 

 

気づけばもうすぐ30代・・・「10代で思い描いた30代とは違うからだになっている。」「TVで見るような『中年デブ』になってしまった。」「もっと、仕事ができるスーツの似合う男性になっていたはずなのに。」

 

 

30代の男性には、いろんな思いを胸に抱えて日々生活している方が多いですよね。

 

 

「若いころと同じ生活をしているのに、気づけば『ぽっこりおなか』になっている」という話は決して他人ごとではなかったと今更ながら感じているのではありませんか?

 

 

食事制限もしている、運動もしている、それでも痩せないのは何故でしょうか。30代だから諦めなければいけないのでしょうか?

 

 

「痩せない」理由には重大な原因が5つ存在しています。

 

 

その「痩せない」5つの理由と解決方法をスーパーダイエッターのひろしが紹介します。

 

 

「痩せない」原因を知って、30代でもかっこいい男性になりましょう。

 

 

30代男性が太る理由とは?

ひろし
どうして、30代になると太るのだろうか?

 

まず、太る5つの原因を知る前にじぶんのからだのことを知りましょう。

 

 

30代男性が太る1番の要因は「加齢による基礎代謝の低下」です。

 

 

基礎代謝とは、運動などしなくても(寝ている間も)エネルギーを消費していくこと。人が消費するエネルギーの仕組みとして約6~7割はこの基礎代謝でエネルギー消費が行われていると言われています。

 

 

基礎代謝は年齢が若いほど大きい数値を示していることが厚生労働省にも記載されています。

 

 

基礎代謝が最も大きいのは乳幼児で 1歳~2歳の男の赤ちゃんを例に取ると、 1kgあたりの基礎代謝は20代男子の約2.5倍、70歳男性の約2.8倍になります。

 

 

20代男性の基礎代謝を基準とすると、 年を重ねるごとに基礎代謝は減少し、 摂取カロリーが20代と同じ場合では30代男性になると体重は1カ月で約1kg増加してしまいます。

 

 

つまり、10代のときは基礎代謝が非常に高いのでコンビニ弁当やジャンクフードを食べてもしっかりからだがエネルギーとして変えてくれています。

 

 

しかし、年齢を重ねるにつれて基礎代謝が下降線を描くようになると10代のときのような食生活であれば当然、「ビール腹」や「ぽっこりおなか」になってしまいます。

 

ひろし
10代から30代にかけて同じ生活で太るのは、この基礎代謝が関係しているわけだね。

 

1、太りやすい時期を知らずに、食べ過ぎる!

男性が太りやすい時期とは

男性が太りやすい時期があることをあなたは知っていますか?生まれてから人生を終えるまでの間に男性は3回太る時期があります。

 

 

それは、⓵社会人として世の中で仕事を始めるとき ⓶結婚した直後 ⓷30歳になる頃の3回です。この中で30代男性が太る時期はいつなのか。それは、⓶結婚した直後と⓷30歳になる頃の2つです。

 

 

結婚した直後であれば、奥様ともラブラブですよね。新婚当初は特に相手のことを思いやる時期ですから、奥様の美味しい手料理を毎晩食べれば摂取カロリーが上がってしまいます。

 

 

さらにいまの日本は晩婚化が進んでいます。2010年の国勢調査では30代前半男性の5年以内に結婚した確率は約25%です。30代は基礎代謝も減少している時期です。そのときに結婚して、奥様の手料理をたくさん食べて摂取カロリーが増えてしまうと自然と太ってしまいますよね。

 

 

太りやすい時期の対策

太りやすい時期は誰もが必ず通るものです。では、その時期をどう乗り越えればいいのでしょうか。

 

 

答えは簡単です。あなたの食生活を見直すことです。

 

 

この太りやすい時期を知らずに意識なく食事をすると、自分の想像以上に食事の量が増えている場合があります。しかし、しっかりとあなたがこの太りやすい時期を知って意識して食事をすることで、過度なカロリー摂取も抑えることができるので、しっかりとあなたの食生活を見直しましょう。

 

 

ひろし
30代は、摂取カロリーに注意しないといけない!

 

2、太らない食事の摂り方を知らないから、食べ過ぎる!

あなたはどんな食事をしていますか?

 

 

太る1番の原因はあなたの食事です。30代に限らず、ダイエット、痩せたいなら必ず見直さなくてならないのが食生活(食事制限)です。

 

 

太っている人に共通して言えることは、まず食べ過ぎ。量を食べないから大丈夫、量は食べてもカロリーがないものだから食べても大丈夫なんて考えはやめましょう。それが太る第1歩目の考え方ですから。

 

 

まず、カロリーはどれくらい摂れば良いのか。これには「除脂肪体重」というのを計算して出していくとしましょう。

 

 

例えば「70kgで体脂肪20%を目指す」とします。すると、体脂肪を除いた除脂肪体重というのは56kgになります。その計算で出た値に40をかけます。すると2240kcalと出ます。

 

 

この値前後のカロリーを1日で摂取していくことになります。食事制限をしたとしても2割減くらいまでが限度でしょうね。いきなりこれ以上減らすとフラフラして仕事が難しい状態になることもあります。

 

 

次に、このカロリーの内訳を考えていきます。例えば極端ですが、2240kcalの内訳が炭水化物:タンパク質:脂質=8:1:1とします。

 

 

この割合では完璧な「糖質過多」です。具体的に言うと、ラーメンの替え玉は絶対にする、どんぶりは2~3杯は余裕で毎日食べる。こういった人は炭水化物の摂りすぎなので「糖化」を生み、太る原因となるだけではなく「老化」の原因にもなります。

 

 

おすすめなのは、炭水化物:タンパク質:脂質=6:1.5:2.5のバランスが痩せやすく、太りにくい食事のとり方です。

 

 

具体的な食事でいうと、ごはん6割、おかず4割と思ってください。ごはんを減らすと体重は減少しますが、ごはんを食べることが太ることに繋がっているわけではありません。

 

 

ごはんは栄養豊富な食材であり血糖値も緩やかに上がる食材です。無理な食事制限をして痩せるのではなく、しっかりとバランスのいい食事をすることで人のからだは痩せていくようになります。

 

 

ひろし
それなら、和食中心の薄味で豆腐や魚などを混ぜた食事、たんぱく質もとりながら無理のない食事を継続することが大事なんだね

 

3、正しい運動方法を知らないから、太り続ける!

痩せるために運動をしているあなた。痩せてますか?

 

 

単純に運動すればエネルギーを消費しているので痩せますが、運動を辞めた途端にまたリバウンドしている人いませんか?30代男性でこの運動は食事の次に重要なポイントです。改めて運動を見直しいきましょう。

 

30代男性で実践できる運動方法

1、ウォーキング(有酸素)

運動をほとんどしていない30代男性なら、まずは家の近所など歩きまわるくらいでいいでしょうね。ウォーキングで脂肪を燃焼させるためには歩き始めて20分以降からと言われています。

 

 

しかし、20分歩くのは運動をほとんどしていない30代男性にとってはきついです。それであれば、まずは5分程度でも構いません。慣れてきたら、徐々に歩く時間を延ばしていきましょう。

 

 

目安として、30分普通に歩いた場合には体重80キロの私が消費するカロリーは80kほどです。時間を延ばして早足で歩くと消費カロリーは増えていくので、運動に慣れていない人は負担も少ないウォーキングから始めていくことがいいです。

 

 

2、ランニング(有酸素)

30代男性でウォーキングの次におすすめするのが、ランニングです。ランニングというといきなりは無理なんじゃないのかと不安に思う30代男性もいるかと思います。ランニングと言ってもあくまでウォーキングの延長と考えましょう。

 

 

最初は早足でするウォーキングと思って早足で自分のペースで走りましょう。慣れてきたら、隣の人とおじゃべりできるか歌をうたってちょっときついな。と思えるくらいがランニングでちょうどいいスピードです。

 

 

ランニングもウォーキングもそうですが、基本的に歩いたり、走ったりした距離に自分の体重を掛け算した距離が消費カロリーです。

 

 

最初はきついので距離も時間も少しきついなぁ程度で構いません。慣れてきたら、自分がきついと思ったタイミングより後5分だけ走るなど自分でルールを作るのがいいかもしれませんね。

 

3、スクワット(無酸素)

30代男性で最も怖いのがこの運動、スクワットです。スクワットは腹筋と並びなかなかできない(やらない)人が多い運動です。

 

 

どうしてこのスクワットが痩せるための運動で注目されているかというと、人間の筋肉の割合です。

 

 

人間の筋肉の割合で除半身と下半身を比較したとき、筋肉の7割は下半身に集中しています。筋肉は非常にエネルギーを使います。スクワットをすることで下半身の筋肉を鍛えれば、よりエネルギーを消費しやすくなるので、スクワットがいま注目されています。

 

 

スクワットを行ううえで注意すべきこと、それは故障です。30代男性でスクワットをして筋肉痛になり仕事に影響したり、運動することが続かなくなったりとすることもあります。そうならないようにスクワットの方法をお伝えします。

 

 

まず、スクワットは運動をしている人、まったくしていない人にかかわらず、1日10回を目安に行いましょう。

 

 

いままでスクワットを毎日継続してしている人は自分のペースで構いませんが、少なくともこれを見ている人はスクワットをいましていない人が多いですよね。

 

 

スクワットを継続して行うために、掲げる目標設定は最小設定で行いましょう。そして、スクワットを行うときには、背筋を伸ばしてと言われてきた人も多いでしょが、背筋よりも膝の向きを気にしましょう。

 

 

立った姿勢で、膝はしっかり外を向くように腰を落とします。このときに足元に落ちたものを拾うイメージで腰を落としていき、そのまま元の姿勢に戻ります。

 

 

これを1日10回繰り返しましょう。1カ月過ぎたころには、回数を増やすか、セット数を増やすかしていきましょう。これで自然と下半身の筋肉がついていきます。

 

 

私がおすすめする有酸素運動+無酸素運動

ランニングやスクワットなど毎日運動をしていると飽きてしまうこともありますよね。

 

 

そんなときおすすめしている運動の方法があります。それは、登山、山登りです。登山の場合、無酸素運動よりも有酸素運動の要素が大きいと思いますが、登る山によっては、脚力が必要になることも多いでしょう。

 

 

特に太ももなんか足がパンパンになります。登山の消費カロリーはハーフマラソン以上というデータがありますので、趣味としても続けられる、健康的な運動です。

 

 

登山をおすすめするもう1つ理由として、基礎代謝を上げることがしやすいことです。

 

 

基礎代謝とは、運動などしなくても(寝ている間も)エネルギーを消費していくこと。人が消費するエネルギーの仕組みとして約6~7割はこの基礎代謝でエネルギー消費が行われていると言われています。

 

 

この基礎代謝を上げるのに最適だと言われているのが「無酸素運動」です。

 

 

「無酸素運動」とは、筋トレです。極論で言うと、腹筋を1日400回やったニートがまじで痩せたくらいですので、無酸素運動をすれば痩せるのは間違いありません。

 

 

ただし、現実的に考えて30代男性が1日400回の腹筋なんてできません。できているという方は腹筋ではない筋トレをしています。

 

 

そして、有酸素運動はなぜ必要なのかというと、脂肪をエネルギーに変えて脂肪を減らしてくれるからです。お腹がすいたときに人は脂肪分をエネルギーに変えて消費します。通常、おなかが減ればごはんを食べますよね。でも、有酸素運動をすることで血液中の糖分を不足させて、強制的にからだの脂肪分をエネルギーとして消費させます。

 

 

だから、有酸素運動を継続してすることがダイエットに繋がるわけなんです。

 

 

太らないようにするには、無酸素運動+有酸素運動の組み合わせでやる方法ができれば1番いいのです。そこでおすすめしたのが登山になるわけです。



プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド

ひろし
少しの運動の差が大きな差に。運動が足りないと感じた人は試す価値あり!

 

4、筋肉と脂肪について知らないから、太りやすい!

 

 

ここまで読んできて、「運動は筋肉をつけて基礎代謝を上げる。」「脂肪を燃焼するには筋肉が必要だ。」そんな説明ばかりしてきました。

 

 

しかし、「筋肉と脂肪でそうして筋肉を先につけないといけないのか。」「脂肪を燃焼する運動をすればいいじゃないか」「脂肪を燃焼するサプリメントだけを飲めばいいじゃないか。」と思いませんでしたか?

 

 

私は思いましたので、実際に筋肉と脂肪について調べてみました。

 

 

私たちの体には基礎代謝と呼ばれる生命維持に必要な機能が備わっており、体温維持などで常にエネルギーを消費しています。

 

 

基礎代謝は1日に体内で行われる代謝のうち約7割を担っており、そのうちの約4割は筋肉が脂肪をエネルギー源として消費していますつまり、筋肉を増やすと基礎代謝は高まり、エネルギー消費が多い「やせやすい身体」「太りにくい身体」になると言えます。

 

 

よくある勘違いとして「筋肉が増える→脂肪が減る」と思われがちですが、実際には筋肉が増えたからと言って脂肪が減るわけではありません。

 

 

例えば、自分の1日の必要カロリーを超えた量のカロリーをとると筋肉と脂肪がどちらも増えます。逆に、自分の1日の必要カロリーを下回った量のカロリーをとると筋肉と脂肪はどちらも減ります。では、筋肉を増やして、脂肪だけ減らすことができるのか。

 

 

方法は、筋トレと高タンパク食で、筋肉の減少を抑えつつ脂肪をより多く減少させることが重要なポイントになります。

 

 

ひろし
きれいに細くなり、それを維持するためには、筋肉によるエネルギー消費が高い基礎代謝を高めることが大事です。

 

5、サプリメントを知らないから、サプリメントを使わない!

ここまで紹介してきましたが、どうでしょうか?

 

 

あなたはこれを実行できるでしょうか、また実行して本当に痩せられるのか不安ではないでしょうか。

 

 

もう1つだけ、とっておきの方法をお伝えします。それはサプリメントを利用することです。日本人にはサプリメントと聞くと抵抗がある人もまだまだ大勢います。

 

 

しかも、ネット限定や通販番組などで紹介しているサプリメントなんて信用できるかわからないですよね。でも、安心してください。サプリメントはあくまでも「健康補助食品」です。海外では当たり前のようにサプリメントが利用されているのが現実です。

 

 

サプリメントだけに頼り、食事を摂らないのは非常に危険な行為です。しかし、しっかりと食事のバランスを考えて、サプリメントを健康補助食品として利用することはあなたのからだにとっては有益なことです。

 

 

どうしてもダイエットはしたいが食事制限が難しい人にとっては、摂取カロリーを抑えることは難しいですよね。

 

 

それなら、サプリメントで食べたカロリーの吸収を穏やかにするサプリメントやエネルギー吸収を抑えるサプリメントなどを見つけて摂ることをおすすめします。

 

 

食事制限が難しいと思ったり、運動も難しいなら、【スルスルこうそ】です!

 

 

風邪をひいたら風邪薬を使いますよね、ケガしたらばんそうこうを使いますよね。

 

 

それと同じように上手にサプリメントを使って、じぶんの足りない部分、不安に思う部分を補えばいいのです。

 

 

ひろし
サプリメントを上手に使えば、じぶんのからだにとってプラスなことが多いわけだ。使ってないのがもったいない。

 

男性が太る理由 まとめ

 

男性が太る理由
⓵太る5つの理由を知らない
⓶食事制限や運動をしても続けられない
⓷基礎代謝が低い
⓸サプリメントを使っていない

 

痩せるためには、食べる量を減らすことも大事ですが、食べる量を減らすだけでは、すぐにリバウンドしてしまいます。痩せやすいカラダをつくるためには、基礎代謝量を高めるための無酸素運動は欠かせません。

 

 

食事と運動が大切なことはわかったと思いますが、運動はしっかりと継続できるように、じぶんの趣味としっかり混ぜてやっていきましょうね。そして、怖がらずのサプリメントの利用も併用して行いましょう。

 

 

サプリメントは数多くあります、その中には危険なものもあるかもしれません。でも私たちのサイトのようにサプリメントの専門サイトもたくさんあります。そういったサプリメントのサイトをみて、あなたの足りない部分を補えるサプリメントを探すのもいいと思います。

 

 

あと、最後に一つだけ。

 

 

太っている人、ダイエットを行なっている人がまず気になるのは「実際に痩せるのか」ということだと思います。

 

 

その答えを私が言うと「あなたがどれだけ身体を変えようとお金と時間を費やしたのか」です。当たり前のことですが、「痩せる」だけのために行動している人がいれば、結果が出るのは誰よりも早いです。

 

 

でも、ダイエットに失敗している人や太っている人の多くは結果ばかりに気を取られていろいろなことを短期間だけ試して、結果が出ていないと感じています。

 

 

ダイエットはじぶんのからのことにどこまで気を使えるのかが鍵になります。

 

 

「人間はすぐには変わりません」そのことを意識したうえで、ゆっくりとじぶんのからだの変化を楽しみましょう。運動したから体重が増えたという人はそこだけ見るのではなく、じぶんのからだが痩せる第1段階にきたんだと思ってくださいね。

 

 

サプリメントを使うのもおなじです。

 

 

美味しい野菜を作るのに、肥料を使い、お水や土、毎日の手入れなどをすれば何もしないときと違い、美味しい野菜ができますよね。

 

 

サプリメントを使わないのは、あなたのからだに痩せるため、健康のために必要ないい肥料を使っていないと同じことです。

 

 

いまのじぶんがじぶんのからだをどこまで本気で思っているのか、今一度考えてみましょう。それを考えて、食事、運動、サプリメントなどを意識していけばあなたのやるべき行動がみえてきます。

 

 

まずは小さい目標をたてて、その目標をクリアしていきましょう。

 

ひろし
ダイエット成功して、脱メタボ!!

 

著者:ひろし

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事