以下の人は必見。
①ベジファスの本音の口コミや効果を知りたい人。
②男性にオススメのダイエットサプリを探している人。
③野菜が嫌いな人。野菜不足に悩んでいる人。
④便秘に悩んでいる人。太りやすい体質の人。
⑤なるべく食事を我慢せずにダイエットを成功させたい人。

 

 

今回は糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】を徹底的に口コミします。数多くのメディアで話題になっているため、気になっている人も多いのではないでしょうか。本当に痩せるのか?効果はあるのか?どのような人にオススメなのか?なるべく詳しく正直に口コミしたいと思います。

 

 

ベジファスは男女ともに多くの人が愛用している補助食品です。しかし『男性の口コミ』が少ないですよね。今回は男性のダイエッターである私がベジファスを2週間試してみました。ベジファスの購入を検討している男性は特に、今回の口コミをチェックしてくださいね。では、さっそく詳しい口コミをみていきましょう。

 

 

 

 

『ベジファス』を2週間試してみた結果発表!

 

ベジファスを試した口コミまとめ。
①2週間で1.5kg減量。
②自然にお通じがスッキリ。
③満腹感を得られるため食事の量が少なくなった。
④小腹が空いたときのおやつ代わりに食べることで、無駄な間食を防げた。
⑤食べすぎた時の『体重増加』を防ぐことができた。

 

 

わたる
ベジファスを2週間試してみて大満足な結果となりました。そして女性だけでなく男性にこそオススメできるサプリメントであることがわかりました。以下で詳しい口コミ結果を解説します。

 

 

 

わたしがベジファス購入前に気になった質問を下記にまとめます。

 

 

 

Q.1 どれくらい体重が減ったの?


A:今回は2週間という短い期間でしたが『体重が1.5kg減少』しました。あらゆるサプリメントを試してきましたが、これだけ短期間でしっかりと結果を出してくれたサプリメントは少ないです。他のユーザーの口コミを見ても、多くのユーザーが体重の減少を実現しているようですね。

 

 

 

 

Q.2 ベジファスを最初に食べると食事の量が減るの?


A:わたしは基本的に外食やお弁当が多いのですが、いつも大盛り(お茶碗2杯分)のご飯を食べます。さらに、食後のデザートを食べることもしばしば。

 

 

しかし、ベジファスを始めに食べるようにしてから、適度に満腹感を得られるようになったのです。ご飯の量は普通(お茶碗1杯分)か少なめ(お茶碗半分)でも満足できるようになりましたし、食後のデザートも食べたいと思わなくなりました。無理に食事を我慢するのは辛いですが、これなら続けられそうだと感じています。

 

 

 

Q.3 お通じはどれくらい変わった?


A:ふだん調子が良い日は1日に1回。調子の悪い日は2〜3日出ないこともあります。本来外に排出するべきものが体内に残っているときは、カラダの代謝が正常に機能できていない状態です。間違ったダイエットや食事の制限で代謝が悪くなってしまえば、ダイエットの成功は望めませんよね。まずは体内に余計なものを残さずしっかりと排出すること。これはダイエットの基本です。

 

 

ベジファスを試している期間は、最低でも1日1回のお通じ。出るときは1日に2回ほど。いつもと『スッキリ感が違う』と感じたほどです。便秘気味の男性や代謝が悪くなっている男性こそ試してみてください。

 

 

 

Q.4 おやつ代わりにもなるって聞いたけど本当?


A:これは多くのベジファスユーザーが感じていることですが、ベジファスは間食としても使えます。小腹が空いてコンビニでパンを買ったり、ファストフード店でハンバーガーを食べたり、何かと間食をしてしまうこともありますよね。

 

 

特に太る原因にもなりやすい『お菓子やパン類』を間食としている男性も多いもの。それではせっかくのダイエットも成功しません。ますます太ってしまう可能性があります。そこで間食代わりに使えるのが『ベジファス』です。食物繊維が豊富で、カロリーが少ないため優れた間食と言えます。間食しがちな男性はベジファスに置き換えてみてください。

 

 

 

Q.5 食べ過ぎても『ベジファス』があれば大丈夫?


A:ユーザーの口コミで多く見られたのが『食べ過ぎても体重が増加しなかった』ということ。わたしもベジファスを試した2週間に4回ほど飲み会がありました。飲み会のときはついつい食べ過ぎてしまいます。そして翌日体重計に乗ると「2kgも増えている・・・」なんて結果になるのです。

 

 

しかし、食前にベジファスを食べる習慣を身につけてから、食べ過ぎた翌日に体重を計っても増えていないのです。これには驚きましたね。お付き合いで外食が多い男性、ついつい食べ過ぎてしまう男性にこそオススメできます。

 

 

 

Q.6 野菜嫌いの人でも食べられるの?


A:ベジファスは野菜の味は全く感じません。レモンなどの柑橘系の味を感じます。また甘さも控えめに作られていますので、甘いものが苦手な男性でも食べやすいでしょう。まさに大人のスイーツという感じです。美味しくてベジファスをご褒美感覚で食べる人もいます。

 

 

 

Q.7 ベジファスじゃないとダメなの?


A:ベジファスには「難消化性デキストリン」が含まれています。これは食物繊維不足を補う目的で作られたもの。「糖質や脂肪の吸収」を抑えたり腸内環境を整える効果が期待されているのです。

 

 

食物繊維でいうと5g相当量にあたる「難消化性デキストリン」が含まれています。これを野菜で摂取すると、例えばレタスであれば約2個分必要です。

 

 

もちろんベジファス以外にも、同じような効果を狙った「ドリンク」などもあります。そのような飲み物で代用しても構いません。しかし食事の前にそのドリンクを飲み干すのは大変。含まれている「難消化性デキストリン」と、サクッと食前に食べられる「手軽さ」を考えると、ベジファスのほうが適していると考えられます。

 

 

 

お得に購入はベジファス/清田産業株式会社からどうぞ。

 

 

ベジファスの『ココ』が良い!

 

 

ここからは『ベジファスの良いポイント』をまとめてご紹介します。多くのユーザーが良い結果を口コミしていますが、その結果にはきちんと理由があるのです。なぜ、ベジファスは多くのダイエッターに人気なのでしょうか?その理由を詳しくみていきましょう。

 

 



 

 

1、脂肪や糖の吸収を抑える。

わたる
なぜ、野菜から先に食べると太りにくくなるのでしょうか?その野菜の役割を果たしているのが『ベジファス』です。太りにくくなる仕組みを詳しくご紹介します。

 

 

 

野菜から食べると太りにくいよ』なんて話を聞いたことはありませんか?これは事実。食事をするときは、何から順番に食べていますか?多くの人が野菜から食べるのではなく『糖質(ご飯や麺)』などから食べているのではないでしょうか。糖質が多いものから先に食べると「血糖値が急激に上昇」します。

 

 

そして「インスリン」が大量に分泌されます。すると「摂取した炭水化物(糖質)がカラダに溜まりやすい脂肪」に変化してしまうのです。つまり、白米やおかずから先に食べるほど、脂肪を蓄えやすくなってしまいます。ちなみに食後は『眠くなる』という人が多いですが、これは血糖値が急激に上がってインスリンが大量に分泌している証拠です。

 

 

では、野菜から食べるとどうなるのでしょうか?

 

 

野菜から先に食べると「血糖値の急激な上昇」を抑えることができます。するとインスリンは適切に分泌されますので「脂肪としての蓄積が抑えられる」のです。

 

 

さらに、インスリンが適切に分泌されれば「空腹を抑えられる」とも言われていますので、食べ過ぎの予防にもなりますね。「血糖値」や「インスリン」と聞いても分かりにくと思いますのが「野菜から食べるほど脂肪の蓄積を抑えられる」と覚えておいてください。そしてその野菜の役割を担うのが『ベジファス』なのです。

 

 

2、『体重の増加』を抑えることができる。

わたる
多くのユーザーが「体重の増加」を抑えられたと口コミしています。ついつい食べ過ぎるとすぐに太ってしまう人も多いですよね。食べ過ぎてしまったときにもベジファスはオススメです。

 

 

 

多くのユーザーが感じているのが『体重の増加を抑えられた』ということ。例えば「ガッツリと食べ過ぎてしまって、きっと2kgくらい増えたと思ったけれど、体重を計ってみると増えていなかった!」というような口コミがたくさんあるのです。

 

 

わたしも仕事のおつきあいで飲み会などの回数が多く、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。いつも翌日に体重を計ると増えていてガッカリするのですが、ベジファスを食べている期間は体重の増加がほとんどありませんでした。

 

 

食べ過ぎることは良くありませんが、ベジファスがあることで大きな安心感があります。ダイエット中に食べ過ぎて体重が増加すると、モチベーションが下がってしまいますよね。ついつい食べ過ぎてしまう人、あまり食事の我慢はしたくないという人にオススメです。

 

 

3、『野菜嫌い』でも食べられる。

わたる
「野菜がダイエットに良いのは分かっているけど、どうしても好きになれない・・・」という人も多いですよね。ベジファスは適度な甘みでとっても美味しいですよ。野菜嫌いの人にこそオススメ。

 

 

 

野菜を先に食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えて体脂肪の蓄積を抑えられるのでしたよね。でも、野菜が嫌いな人はどうすれば良いのでしょうか?野菜嫌いな人でも、このベジファスであれば、美味しく食べられるという人が多いのです。

 

 

わたしも食べてみて驚きましたが、野菜の味は全くしません。程よい甘さの柑橘系?の味で、大人のスイーツ感覚で食べることができます。クセのない味に仕上がっていますので、野菜が嫌いな人でも抵抗なく食べられるのではないでしょうか。

 

 

どれだけ野菜がカラダに良いと分かっていても、無理して食べるのはストレスが溜まりますよね。ダイエットにも美容にもストレスはよくありません。無理して野菜を食べるのではなく、美味しく食べられるベジファスなどで代替してみてください。

 

 

4、いつも以上に『お通じ』が良くなった。

わたる
食生活が乱れたり、ストレスが溜まると便秘になりがち。便秘はダイエットの大敵です。ダイエット成功のためには常にお通じをスッキリとさせることが大切。

 

 

 

調子が良い日は1日1回のお通じがありますが、不調の場合は2〜3日ほど便秘になることも多々あります。便秘とは、本来排出されるべきものが体内に残っている状態。代謝・腸内環境が悪化しているため、ダイエットにとって良くありません。太る1つの原因になります。

 

 

ベジファスを食べているときは、いつも以上にお通じの調子が良く感じました。1日1回は必ず、調子の良い日は1日に2回ほどのお通じがあり、いつも以上のスッキリ感を感じることができたのです。

 

 

これは恐らくベジファスに含まれている「食物繊維」のおかげです。野菜から食物繊維を摂取しようと思えば、たっぷりの量の野菜が必要になりますが、ベジファスであればとってもお手軽に摂取することができます。便秘に悩んでいる人は試してみてください。多くのユーザーがお通じの良さを感じています。

 

 

 

詳細はベジファス/清田産業株式会社からチェック。

 

 

 

5、『サラダ』を注文するよりもお手頃価格。

わたる
近年は「野菜の高騰」が問題になっていますよね。ベジファスはお手頃価格なため、野菜を食べるためにサラダなどを追加するよりも安価に続けられます。

 

 

 

普段の食事はどのようにしていますか?毎回自炊をして野菜をたっぷりと摂っている人は問題ないでしょう。しかし多くの人が外食もしくはコンビニなどのお弁当ですませているのではないでしょうか。

 

 

例えば外食で定食を注文する際に、たっぷりとサラダがセットになっていれば良いのですが、ほとんどは簡単な野菜が少しだけ添えられている程度。またコンビニなどのお弁当でも野菜はあまり含まれていません。

 

 

そこで野菜から先に食べようと思うと、サラダを追加しなければなりません。すると200円〜300円ほどお金がかかりますよね。これはお財布には結構な痛手です。

 

 

ベジファス定期購入の初回は「2箱2980円(税抜 2017/7月現在)」であり、2回目でも「2箱4600円(税抜 2017/7月現在)」です。1箱が約一ヶ月分ですので1日1食あたり100~160円ほどで継続することができます。サラダなどに比べても安価ですよね。野菜は嫌いではないけれど、食費を抑えるために節約している人にもオススメです。

 

 

6、『持ち運び』に便利。

わたる
ベジファスは個別包装されています。どこでもサクッと食べられて便利。

 

 

仕事をしている人は、例えばお昼は会社でランチを摂り、夜は外食をするという人も多いもの。ベジファスは1つ1つ個別に梱包されていますので、必要な分だけを持ち運ぶことができます。

 

 

冷蔵庫に入れておく必要もありませんし、程よい大きさでカバンなどに入れて持ち運べます。またサクッと食べられて目立ちませんので、会社でもレストランなどでも人目が気になりません。

 

 

7、『時間がない人・仕事が忙しい人』でもサクッと短時間で食べられる。

わたる
仕事が忙しくて食事の時間を十分に取れない人にオススメです。

 

 

 

仕事が忙しくて十分に食事の時間を取れない人も多いのではないでしょうか。わたしも不動産の営業をしているときは、忙しくて食事の時間は10分ほどしか取れませんでした。そんな忙しいときに、野菜からゆっくりと食べるなんて難しいですよね。

 

 

もちろんダイエットのためには、しっかりと噛んでゆっくりと食べることが大切です。血糖値の急激な上昇を防げますし、適度に満腹感を得ることができます。「早食いはデブの元」なんて言われるように、早く食べるほど脂肪を蓄積しやすいのです。

 

 

どうしても忙しくてゆっくりと食べれない人は、せめてベジファスを最初に食べる習慣を身につけてみてください。それだけでも血糖値の上昇、脂肪の付き方が違うはず。忙しいビジネスマンにこそオススメしたいサプリメントです。

 

 



 

『ベジファス』×『糖質制限』でさらなる成功へ。

 

 

ベジファスを食べると血糖値の上昇が穏やかになり、脂肪の蓄積を抑えることができます。さらに適度に満腹感を得られるという口コミも多いのです。自然と食べる量も減ってダイエットが成功する人が多いのですが、ここでさらにダイエットを成功させるためのコツを紹介します。

 

 

それは、無理のない範囲で『糖質』を減らしてみることです。そもそもわたしたちが太る原因は『糖質』にあります。糖質とはご飯や麺類など『主食』のことですね。摂りすぎた糖質が体脂肪として蓄積されることによって太ってしまうのです。

 

 

さらに、食事の際に糖質から食べることで、血糖値が急激に上昇し、インスリンが大量に分泌されることで、より脂肪が付きやすい状態になります。ベジファスは、そんな糖質が体脂肪へと変わるのを抑えることで、ダイエット成功に役立てようというもの。太る原因である糖質にアプローチするのがベジファスの特徴なのです。

 

 

ベジファスで体脂肪の蓄積を抑えることも大切ですが、同時にそもそもの原因である糖質を減らすこともとっても大切。ベジファスを食べることで自然と食べる量が抑えられるというユーザーは多いのですが、意識的に減らしてみるのも有効な方法です。

 

 

いつもであれば大盛りのご飯を食べているのを普通盛りにしてみたり、いつもは普通盛りであれば少なめにしてみたり、少しずつでも糖質の量を減らしてみてください。特に『夕食の糖質』を抑えるのがオススメです。糖質を減らすとカラダの変化を感じやすいもの。極端な糖質制限はオススメしませんが、無理のない範囲でチャレンジしてみてください。

 

ベジファスはいつ食べるのがベスト?

 

 

ベジファスの目安摂取量は『1日1本』です。これを食事の前に摂ります。

 

 

昼食の前か、または夕食の前か、どちらで摂るのが良いのでしょうか。結論としてどちらでも問題ありませんが、たくさん食べる方で摂るのがオススメ。

 

 

例えば昼食よりも夕食の方がたくさん食べる人は夕食の前に摂るのが良いでしょう。反対に昼食をガッツリと食べている人は昼食前のタイミングをオススメします。どちらも同じくらいの量を食べる人であれば、夕食前に食べてみてください。

 

 

ほとんどの人が仕事が終わってから夕食を摂りますよね。夜は仕事もありませんし、活動が穏やかになる時間帯です。本来であれば、この時間帯はあまり多くのカロリーを必要としません。理想は夕食の量を少なめに抑えること。

 

 

 

しかし、夜もガッツリと食べたいという男性は多いので、太りやすい夜に摂ると良いでしょう。また夜はお酒を飲むからご飯はあまり食べないという男性は、昼食前に摂るのも良いと思います。食べるのに決まった時間帯はありませんので、あなたのカラダの変化・体重の変化を見ながら、あなたにとって最適なタイミングで食べてください。

 

 



 

ベジファスはどこで購入するのがお得?

 

 

ベジファスをもっともお得に購入できるのは、公式サイトの『定期購入』です。定期購入の初回は「2箱2980円(税抜 2017/7月現在)」であり、2回目でも「2箱4600円(税抜 2017/7月現在)」。かなりお手頃な価格で購入することができます。

 

 

最初はとりあえず1箱だけ試してみたい」という人は単品購入もあり。ただし1ヶ月〜2ヶ月くらいは継続したほうがカラダや体重の変化が分かりやすいかもしれません。なるべく安く購入したい人は定期購入されるのがオススメです。

 

 

お得に購入はベジファス/清田産業株式会社から。

 

『ベジファス』の口コミまとめ。

 

ベジファスはこんな人にオススメ。
①野菜が嫌いな人。野菜不足の人。
②外食やコンビニ弁当が多く食生活が乱れがちな人。
③なるべく食べる量を制限したり、我慢してダイエットをしたくない人。
④食べすぎた時の体重増加を抑えたい人。
⑤便秘気味な人。腸内環境が乱れている人。
⑥太りやすい体質の人。
⑦忙しい人。短期間で成果を出したい人。

 

わたる
2週間試してみて、ベジファスは本音でオススメできることが分かりました。自然と食事の量を減らすこともでき、体重は2週間で1.5kg減少。お通じも良くなり継続するのも簡単。総合的に満足しています。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は大人気の『ベジファス』を口コミしてみました。予想以上の成果で満足しています。野菜嫌いの人にはとっても助かるサプリメントではないでしょうか。

 

 

大人になっても「野菜嫌い」な人は多いもの。ダイエットや美容のためには『野菜を食べなさい』と頻繁に言われていますよね。野菜嫌いを克服し、野菜を少しずつ取り入れていくことは大切ですが、無理してストレスを溜めてまで食べるのはどうでしょうか。

 

 

いくらダイエットのためとはいえ、嫌いなものを習慣にするのは大変ですよね。あまり無理することなく、ベジファスのような補助食品をうまく取り入れてみてください。

 

 

特に男性は野菜嫌いも多いですが、ガツガツと早食いする人も多いですよね。そんな男性こそ太りやすい状態です。ベジファスを最初に食べて、かつよく噛んでなるべくゆっくりと食事をするようにしてみてください。食事がどれほどカラダに大きな影響を与えているか実感するはずです。

 

 

最後までお読み頂いてありがとうございます。ベジファスを購入する前に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

著者:わたる

 



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事