チントレ・精力サプリメント以上!?

安心して効果を実感できるって本当か。

話題のペニス増大器具を徹底調査!

 

 

これまでペニス増大のため、当サイトメンバーはたくさんのサプリメントを飲んできました。

 

 

北はアラスカ、南はオーストラリアまで多くの女性に、増大した自慢の息子をお披露目してきましたが、やはり海外勢ペニスの大きさはとんでもない大きさです!

 

 

「どうにかしてペニスを大きくできないか!?」

 

 

いままで、ペニスを増大させるための方法としてサプリメントや食生活の改善、筋トレ(チントレ)などをご紹介してきました。

 

 

しかし、やってみるとペニスが増大するにはやはり個人差があり、なかなか効果が出るには時間がかかってしまうという難点があることがわかりました。

 

 

「ペニスを大きくする1番の方法はなんだろうか?」

「サプリメントを飲むだけでペニスが大きくならなかった。」

「彼女を満足させるだけのペニスを早くつくりたい。」

「病院に行かずにペニスをなんとかしたい。」

「ペニス増大器具って本当に使えるのか知りたい。」

 

 

そこで今回は、より確実に効果を実感できる方法を探すべく、ペニス増大のための器具をご紹介いたします。

 

1、ペニス増大器具は使うべきか?

 

著者
ペニス増大器具はペニスを大きくする無限の可能性があると思っています。

 

しかし、ペニス増大器具の口コミを見てみると、「うまくいった」といい口コミもあれば、「全然きかない」と言った口コミもあります。では、どうしたら、ペニス増大器具でいい結果を出せるのでしょうか?

 

 

実は、増大するための条件があったのです。条件については、後程お伝えいたします。

 

 

以前、ペニスを大きくするために必要なことは、「ペニスに大量に血液を入れること」だと私は言ってきました。※(短小ペニスをどうにかしたい!の3章で紹介しています。興味があれば、読んでみてください。)

 

では、なぜ「ペニス増大器具」がここまでいい評価をされているのか?そして、私が主張していたペニス増大には「血液の入る量が大事」といったことが間違っているのかを説明していきます。

 

 

まずは、ペニス増大器具がここまで評価されている理由、そう、ペニス増大器具を使うべき理由をまとめます。

 

 

ペニス増大器具を使うべき理由
⓵ ペニスが持つ『可塑性』を利用して、増大を促すから。
⓶何十年にも及ぶ、確かな『実績』があるから。

 

 

⓵ペニスが持つ『可塑性』を利用して、増大を促すから。

ペニスには、引っ張ると伸びて形を保つ性質(可塑性:かそせい)があります。

 

 

力を与えて変形すると戻らなくなるという「可塑性(かそせい)」という性質を利用して、ペニス増大器具で継続的に力を与えると形が元に戻らなくするようにさせること、これがペニス増大器具を使う最大の理由です。

 

 

「力を加えているなら、いつもオナニーのときに伸ばしているぜ!」と思っている方は間違いです。

 

 

重要なのは、「長時間伸ばした状態をどれだけ維持できるか」です。伸ばした状態を維持することで、ペニスがその形を覚えてその形状を保てるようになるので、ペニス増大に役立つというわけです。

 

 

「たったそれだけで!?」と思ったんですが、昔TVで首や腕にリングをつけて、カラダの部位を伸ばす部族がいましたよね。あれも1つの部位に負荷を継続的に与えることで伸ばしているので、ペニスも同じように伸びると言われると「確かに!」と思います。

 

 

首や腕も伸びるなら、ペニスも伸びるってことですねww

 

⓶何十年にも及ぶ、確かな『実績』がある。

 

ペニス増大器具は、確かな信頼と実績があることを知っていますか?

 

 

ペニス増大器具として老舗中の老舗、アンドロペニス。その中でも「アンドロペニスゴールド」という増大器具の説明として、こんな記載があります。

 

臨床実験では、被験者の97.5%に増大効果がありました。

アンドロペニス・ゴールドの増大効果は臨床実験データにより実証されています。

 

・実験結果: 被験者の97.5%に対して、「3〜5cm(長さ)」「0.5~1cm(太さ)」 のサイズアップ効果が確認された。

・実施年: 1999年

・被験者人数: 37人

・被験者の年齢: 22〜60歳

・被験者の選択基準: ペニスに外傷や疾病の無い成人男性。

・臨床期間: 6ヶ月

・牽引力: 600g〜1200g

・1日の着用時間: 2〜10時間

 

引用:。※(Mr.s BIGSHOP

 

 

ペニス増大器具の中でも、有名なアンドロペニス。1999年から販売されているアンドロペニスはペニス増大における絶対のブランドであり、究極のペニス増大器具です。

 

 

アンドロペニスは、この15年間で世界120カ国、100万人以上に購入されています。そして、日本でも5万人以上の人がアンドロペニスを購入して、増大を実感しているとのこと。

 

 

他の大手ペニス増大器具メーカーも同じように、実際に器具を試したユーザーの統計値をとり、そのデータからペニスにどんな結果が出たのかを公式HP上で掲載しているところがほとんどです。

 

 

これだけ多くの販売実績があり、何十年と利用され続けているわけですから、ペニス増大器具を使わない理由はありませんよね。

 

 

2、ペニス増大器具の特徴。

ペニス増大器具には、どんな特徴があるのでしょうか?

 

 

ここでは、ペニス増大器具の特徴をまとめてみました。

 

⓵手術に比べて、リスクが少ない。

ペニス増大器具は、手術に比べて、ペニスへの怪我、事故リスクが少ないです。

 

 

ペニス増大器具は、痛みが出た場合はすぐに中止できますので、手術と比べてペニスに与えるリスクは少なくてすみます。

 

 

大手ペニス増大器具メーカーの場合、販売しているペニス増大器具に関して、医療用器具という認定をとってから販売しているメーカーが多いです。

 

 

ということは、安全性も特定機関が認めているわけなので、安心して使用できるということですね。

 

 

例えば、アンドロペニスというペニス増大器具は100万人、メイルエッジというペニス増大器具は50万人以上使用者が存在します。

 

 

どちらの商品も何十年もの歴史がありますが、命に係わるような重大な問題の報告は挙がってきていないようです。

 

 

しかし、手術の場合、因果関係は不明ですが、ペニス増大手術を受けた後になくなった人が出るなどの問題があったとネットの記事になっています。

 

 

そう考えると手術するよりも、ペニス増大器具を使った方が安心ですよね。

 

 

大事なペニスですから、取扱は万全にしておかないといけませんからね。

 

⓶経済的負担が少ない。

愛するペニスは大事にしたい。でも、できるなら少ないコストで大きな結果を出したいですよね。

 

 

ペニス増大器具は高いのでしょうか?それとも、安いのでしょうか?

 

 

ペニス増大手術の場合、手術の方法にもよりますが、相場は10万円以上かかると思ってください。

 

 

主にペニスを長くする長茎術と、コラーゲンなどを入れて増やす増大術がありますが、10万円以上のお金を支払っても、失敗して大事なペニスをケガしてしまうリスクや手術後に半年ほどで大きさが戻ってしまうということもあるようです。

 

 

ペニス増大器具のお値段は、相場で1万円~3万円程度。ペニス増大サプリメントは、約1ヶ月1万円前後です。

 

 

ペニス増大器具は1回使って終わりではありません。3~6ヶ月は利用することを推奨しているものがほとんどです。

 

 

ですから、1ヶ月1万円前後かかるサプリメントを単独で使い続けるより、ペニス増大器具を使うことの方が、経済的な面でいうとお得ですよね。

 

 

方法 金額
手術 約10万円前後(1回)
ペニス増大器具 約1万円~3万円前後(1回)
ペニス増大サプリメント 約1万円前後(1ヶ月)

 

⓷使いかたが簡単。

 

ペニス増大器具を使ったことがない方、「どんな風に使うかわからないから不安」「自分1人で使えるか怖い」など思っていませんか?

 

 

大手ペニス増大器具メーカーの場合、使いかたは簡単ですから安心してください。取扱説明書も見やすいですし、メーカーによっては使いかた動画を挙げている会社もあります。

 

 

例えば、病院で手術をするときに、アレルギーはあるのか?この薬は使えるのか?学校や仕事を何日、何時間休めるのか?と色々と気にしないといけませんよね。

 

 

サプリメントもいつ飲んで、次は何時間後に飲んで、サプリメントを飲むならお昼ご飯に何を食べるかも考えないといけない。

 

 

手術もサプリメントも気にしてたら、面倒ですよね。

 

 

でも、ペニス増大器具なら、1人でお風呂や寝る前に使うだけ!使いかたも説明書や動画を見ながらできるので、安心です!

 

 

⓸手術と比べて、即効性がない。

 

手術と比べて、即効性はありません。

 

 

ペニス増大器具を何故使うのか、それはペニスが引っ張られて、それを継続させることでペニスを伸ばすからです。

 

 

当然、1回使っただけで結果がでるわけありません。数ヶ月間継続してやることで、結果に繋がります。

 

 

なので、明日までに大きくしないと死んでしまう方は、手術という方法を選択してもいいのではないでしょうか?

 

 

3、ペニスを増大におすすめの方法は?

ペニス増大のための方法は「手術」「増大サプリメント」、そして「ペニス増大器具」と大きく3つあります。

 

 

どの方法にもメリット、デメリットは存在していますが、ペニスを増大させるにはどんな方法が1番おすすめのか?

 

 

おすすめする方法は、『外側』と『内側』からの攻める方法です。では、紹介していきます。

 

 

⓵ペニス増大器具を利用して『外側から』ペニス増大へ!

まず最初にして欲しいのは、ペニス増大のために『外側から』鍛えていきます。

 

 

人のカラダは、負荷をかけることで負荷をかけた部分に肉がつきますよね。

 

 

ペニスも同じ人のカラダの一部です。鍛えれば鍛えた分だけ結果に繋がるわけですから、外から負荷をかけて、それに負けないペニスを作りましょう。

 

 

ペニス増大器具は、ペニスに継続的に引っ張る力を与えることで、ペニスの内部にある海綿体と海綿体の周りの白膜の細胞を増加させます。

 

 

ペニスの白膜はコラーゲンでできており、力を与えて変形すると戻らなくなるという「可塑性(かそせい)」という性質を持っているので、継続的に力を与えるとそのまま伸びた状態が継続するというわけです。

 

 

⓶サプリメントを使って『内側から』ペニス増強へ!

2つ目にして欲しいことは、増大サプリメントを飲むこと。

 

 

仮に、増大器具を使って、ペニスが大きくなってきたとします。

 

 

しかし、ペニスを大きくしても、肝心のペニスに血液がしっかりこないとペニスは大きくなりません。

 

 

実は、ペニス増大に関して「サプリメントがおすすめ!」と書いてあるサイトが多いのには理由があります。

 

 

ペニス本来の大きさをサプリメントが変えるわけではありません。

 

 

サプリメントを飲むことで、ペニスが本来大きくなる力を100%近く引き出せるようにしているからです。

 

 

普通、ペニスはよく言って6~7割程度でしか勃っていません。

 

 

理由は「肥満体型でペニスの根元が脂肪で隠れて、小さく見えている」「血流が悪くて、ペニスに十分な血液が入ってこない」など人それぞれ。

 

 

共通していえるのは、サプリメントを飲むことで、血液がペニスに行きやすいようなカラダを作ってあげること。それが大事です。

 

 

例えば、筋トレをしただけでは、筋肉は大きくなりませんよね。筋トレの効果をさらに得たい場合は、タンパク質の塊であるプロテインを飲むことで筋トレの効果がアップしますよね。

 

 

ペニスに関しても同じことがいえるのです。

 

 

つまり、ペニスが大きくなる「ペニス増大サプリメント」をあわせて飲むことで、ペニス増大器具のパワーをよりアップさせるのです。

 

 

サプリメントに関して言えば、当サイトメンバーがまとめている>>『ペニス増大・増強系のサプリメント』を参考にしてください。自分にあったことものが見つかりますよ。

 

 

おすすめ!ペニス増大方法まとめ
⓵ペニス増大器具を使う→ペニスそのものを大きくするため。

⓶サプリメントを飲む→大きくなったペニスをしっかりと勃たせることができるようにするため。

 

4、ペニス増大器具の種類と使いかた。

おすすめの増大方法を紹介したところで、次にペニス増大器具にはどんなものがあるのかを紹介します。

 

 

≪ペニス増大器具の種類≫

種類 メリット デメリット
牽引器型 ・医療器具として認可
・効果が一番期待できる
・安全性がある
・長い時間がかかる
(1日6時間、3ヶ月以上)
ポンプ型 ・ペニスを長く太くできる
・1日15分程度でOK
・成功体験者多い
・医学的根拠なし

 

⓵牽引器型

牽引器型は、ペニスを長時間引っ張ることで増大を促すもの。

 

 

商品によっても多少の差はありますが、目安6~10時間前後装着することで、ペニスを引っ張ります。

 

 

物によりますが、牽引器型は付けたまま服を着ることができるものが多いので、デスクワーク中にも使用可能です。

 

 

牽引器具は医療器具として認可されたものがあるので、効果が確実で、かつ、安全性も高いです。

 

 

本気でペニスを長くしたいなら、牽引器をおすすめします。

 

 

では、一度、どんな使いかたなのかを動画でみてみましょう。

 

 

商品によって使いかたに多少の差はありますが、使いかたはほぼ同じです。

 

 

⓶ポンプ型

ポンプ型は、ペニスに水圧や空圧でひっぱって増大させる器具です。

 

 

増大ポンプが良いのは1日15分程度でOKなので、お風呂に入りながらでもできることです。

 

 

それに、ペニスの様子が逐一分かるので、異変を感じたらすぐに止めればいいので危険性も高くありません。

 

 

残念なのは医療機関の実験が無い点ですが、世界中で使っている人が多いので、信頼性は高いと私は考えます。

 

 

ポンプ式の使いかたも、動画で確認しておきましょう。

5、増大器具使用者の口コミ体験談。

次に、実際にペニス増大器具を使用した人のコメントをまとめてみました。

 

ペニス増大器具の体験者からの言葉が1番参考になりますからね。

 

使って安心の増大器具。

ペニスの大きさに悩んできました。

 

サプリメントも飲んでますが、いい結果が出たとまでは言えませんでした。

 

手術もしましたが、1年経たずに、元に戻ってしまった気がして「どうしたらいいか」わからなくなっていました。

 

ちょっと、使うことに抵抗があったんですが、ペニス増大器具を使ってみたんです。

 

私が使ったのは、アンドロペニス・ゴールドという商品でした。長年多くの人が愛用しているというので、買ってみました。

 

使うと、根元からグイグイくるような感覚があって、「いま伸びてる」という感覚がきます。

 

増大器具を使ってから、自信が取り戻せたと思っています。

30代 男性

 

やって損なし!俺でも続けられた。
ペニスに悩みはあるけど、なかなかチントレとか続けてできません。

 

俺の場合、自分のペニスとチントレがどんな因果関係があるのかもわからないし、無駄な努力ってしたくないんだよね。

 

でも、ペニスはどうにかしたいから、なんか楽な方法ないかと思って、知り合いの紹介で、ペニス増大器具使ってみました。

 

俺は、風呂でペニス増大器具使ってるんだけど、意外と簡単に使えるから、続けられた。

 

風呂場だから、そのまま流せるし、後片付けも手間じゃない。

 

ぶっちゃけ、やってると、「やべっ!これ伸びてるわ!」って感じになるから、ちゃくちゃおすすめ。やってみぃ。

30代 男性

 

 

増大器具が1番。
ペニスに危ないことをさせられない。

 

ペニスの悩みは、誰に言えない。

 

でも、大きさの悩みなんて人それぞれと言われてしまうし、そもそも誰に相談していいかもわからない。

 

ぼくの場合、食品アレルギーでサプリメントが飲めないことや、他人の自分のペニスを触ってほしくないので病院もいかない。

 

増大器具に出会ったのは、そんなとき。ペニスをどうにかしたいけど、誰にもバレず、自分で大きくできないかと悩んでいたときだ。

 

ユーザーの多さ、信頼性、効果出る理由などを調べて、アンドロペニス・ゴールドを購入したが、予想以上にいい。

 

ペニスが締め付けられて、芯から変わったと感じている。

 

サプリメントを飲んだり、病院に行く人を否定するつもりはないが、どうせなら、増大器具が1番だと思う。

20代 男性

 

6、まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

ペニス増大器具についての悩みは改善できたでしょうか?

 

 

ペニス増大器具を使うのはいいのか?手術をするのがいいのか?サプリメントを使うのがいいのか?

 

 

1番のおすすめは、ペニス増大器具を使って、ペニス本来の大きさを上げて、ペニスの勃起するパワーを100%引き出すためにサプリメントを飲むこと。

 

 

私なら、増大器具、サプリメント、手術(そこまで大きなものではない)を一通り経験しているので、参考にしていただければと思っています。

 

 

できれば、この記事がいろんな人の目に止まって、ペニスで悩んでいる人の役にたてばと嬉しいです。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事